NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

Jigkick系ツール

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 15

TeamM33よりリリースされた"Despertar del Cementerio v8"の使用方法です。

Despertar del Cementerio v8で更新された機能

  • インストールするCFWを5.00 M33-4に更新

【参考】Despertar del Cementerio v7で更新された機能
  • flashのフォーマット機能を追加
  • IDStorage作成機能を追加

Dark_AleX.org

続きを読む
スポンサーサイト
このページの先頭へ
  • 23

TeamM33よりリリースされた"Despertar del Cementerio v7"の使用方法です。

Despertar del Cementerio v7で更新された機能

  • flashのフォーマット機能を追加
  • IDStorage作成機能を追加

Despertar del Cementerio v6で更新された機能(再掲)
  • インストールするCFWを4.01 M33-2に更新
  • コアを変更し、4.01 M33のものを私用するように変更。これにより、従来の1.50/3.40 kernelでは起動しなかったTA-088v2基盤では動作するようになります。
    ただし、TA-088v3基盤(最新の対策基盤)では依然として起動できませんので注意してください。
  • インストーラーとDCのインターフェースをXMBのようなものに変更
  • "Test M33"オプションを追加。このオプションでは、4.01 M33-2をメモリースティックから読み出します。

Dark_AleX.org

続きを読む
このページの先頭へ
  • 20

Pandora's batteryを使用して新型PSPにカスタムファームウェアを導入したり、ソフトウェアの破損したPSPを修復するためのツール、Despertar del Cementerioがアップデート。
今回は待望の「IDStorage作成システム」が追加。別個体のIDStorageを書き込んだことで部分的に動かなくなったPSPを元に戻すことが出来るかもしれません!

Dark_AleX.org

新機能に関しての詳細は続きからご覧ください。
詳しい使い方についてはv6のエントリを書き換えたいと思います。

続きを読む
このページの先頭へ
  • 09

8月7日、TeamM33よりリリースされた"Despertar del Cementerio v6"の使用方法です。

Despertar del Cementerio v6で更新された機能(再掲)

  • インストールするCFWを4.01 M33-2に更新
  • コアを変更し、4.01 M33のものを私用するように変更。これにより、従来の1.50/3.40 kernelでは起動しなかったTA-088v2基盤では動作するようになります。
    ただし、TA-088v3基盤(最新の対策基盤。>>詳細)では依然として起動できませんので注意してください。
  • インストーラーとDCのインターフェースをXMBのようなものに変更
  • "Test M33"オプションを追加。このオプションでは、4.01 M33-2をメモリースティックから読み出します。

Dark_AleX.org

続きを読む
このページの先頭へ
  • 07

TeamM33より、Pandora's Batteryを用いてCFWを導入するツールの最新版である、"Despertar del Cementerio v6"がリリースされました!

Despertar del Cementerio v6で更新された機能

  • インストールするCFWを4.01 M33-2に更新
  • コアを変更し、4.01 M33のものを私用するように変更。これにより、従来の1.50/3.40 kernelでは起動しなかったTA-088v2基盤では動作するようになります。
    ただし、TA-088v3基盤(最新の対策基盤。>>詳細)では依然として起動できませんので注意してください。
  • インストーラーとDCのインターフェースをXMBのようなものに変更
  • "Test M33"オプションを追加。このオプションでは、4.01 M33-2をメモリースティックから読み出します。

TA-088v2への対応やCFWお試しモードなど、適応の幅が広がったDespertar del Cementerio v6。
使用方法に関してはまた別のエントリで説明します。

Dark_AleX.org

TA-088v3基盤についてのTeamM33からのコメントは続きをご覧ください。

続きを読む
このページの先頭へ
  • 24

TeamM33の一人であるAlek氏が、ブログでPandora化ブロック基盤について言及しました。

Alek' blog 「About non-pandorizable 088 mobos」 要旨意訳

IPL自体は起動できるが、SONYお手製の正式なもののみであり、CFW導入用のカスタマイズされた(現在のDCで使用している)IPLは読み込めないようだ。
この基盤に対応するDespertar del Cementerioには新しいカーネルを組み込むことが一番の選択のようなので、新しいコアとインターフェースが出来るまで新バージョンは待ってほしい。

ちなみにタイトルの"non-pandorizable"とは、「Pandoraバッテリーが使用できない」の意味です。

SONYの対策は果たしてどの程度もつのか、TeamM33に期待です。

■Alek' blog 「About non-pandorizable 088 mobos
Pandora対策基盤搭載のPSPが登場!? - MMS+Pandoraセットでの起動が不可に

このページの先頭へ
  • 20

Pandoraバッテリーが起動できないようにされた基盤が登場したらしいです。
最近出荷された、BOXコード「G」、初期システムソフトウェアが4.01の新型PSPでは、
マジックメモリースティック(MMS)とPandoraバッテリーを同時に入れたときに、メニューが立ち上がらないようになっています。
真偽は定かではありませんが、MaxConsole ForumやPSP Nikki フォーラムでも書き込みがあり、今後はCFWがインストールできないPSPが出回るかもしれません。

※対策PSPの見分け方
対策が施されたPSPはBOXコードが「G」となっています。
BOXコードとは写真の赤い部分のバーコードシールに記載されたアルファベット1文字のことで、
BOX CODE 1
PSP-2000(新型)外装パッケージ。赤い部分のシールに注目

下図の位置に記載されています。(画像ではバーコードにぼかし処理を入れてあります)
BOX CODE 2
赤い○で囲まれたアルファベットがBOXコード(この場合は「E」)

このアルファベットが「G」で、かつ搭載システムソフトウェアが4.01のもの*に対策が施されているようです。

PSPを購入し、カスタムファームウェアの導入を考えている方はご注意ください。
(購入時に店員さんに箱を見せてもらうといいかもしれません)

*BOXコードGにはシステムソフトウェア3.95搭載のものも存在しますが、こちらでPandoraが使用できるかは不明です

このページの先頭へ
  • 31

新型・旧型や基盤、システムソフトウェアにかかわらず、すべてのPSPにカスタムファームウェアをインストールする、「Despertar del Cementerio」の最新版が登場です。
最新版であるv5ではインストールするCFWが3.90 M33-3に変わり、またTimeMachineとの互換機能を備えています。

Despertar del Cementerio v5
Dark_AleX.org

バッテリーと専用メモリースティックの作成方法、ツールの使い方は続きからお読みください。

※大変な危険を伴います。
 最悪PSPがまったく動かなくなりますので、実行には細心の注意を払って行ってください。
※バッテリー作成はカスタムファームウェアがあらかじめインストールされたPSPが必要です。
 公式システムソフトウェアのPSPしか手元にない場合はインストールできません。

 また、最近の新型PSP(TA-085v2基盤)ではバッテリーの作成ができません。
(カスタムファームウェアが導入済みのPSPがなければダウングレード代行などに頼むしかありません)

3.90 M33-3の更新内容

続きを読む
このページの先頭へ
  • 17

翻訳文にはかなりの意訳、及び管理人による改変・表記変更を含んでいます。
あくまでもわかりやすくするための措置です。
誤訳・意味の取り違えもあり得ます。目安としてお使いください。

↓翻訳文へ飛ぶ

続きを読む
このページの先頭へ
  • 16

Dark_AleX氏より、仮想FW起動アプリ"TimeMachine"がリリースされました。
TimeMachineで起動した3.40OE-A

このソフトは、メモリースティックに保存したIPLとflashからシステムソフトウェア・カスタムファームウェアを起動させるもので、新型PSPでFW1.50向けのソフトを起動させることも可能になります。
なお、保存したファームウェアの起動にはPandora's Batteryが必要になります。

TimeMachine v1
開発者サイト

使い方は続きから。
詳しくは「TimeMachine v1 README翻訳・解説

続きを読む
このページの先頭へ
  • 22

新型・旧型や基盤、システムソフトウェアを問わず、すべてのPSPにカスタムファームウェアをインストールする、「Despertar del Cementerio」の最新版が登場です。
最新版であるv4ではインストールするCFWが3.80 M33-5に変わり、またカスタムテーマ導入の有無やflash2のバックアップ(PSNのアカウント情報が含まれます)などの機能を備えています。

開発者サイト

導入方法は続きからお読みください。

※大変な危険を伴います。
 最悪PSPがまったく動かなくなりますので、実行には細心の注意を払って行ってください。
※バッテリー作成はカスタムファームウェアがあらかじめインストールされたPSPが必要です。
 公式システムソフトウェアのPSPしか手元にない場合はインストールできません。

(カスタムファームウェアが導入済みのPSPがなければダウングレード代行などに頼むしかありません)

3.80 M33-5の更新内容

続きを読む
このページの先頭へ
  • 16

翻訳文にはかなりの意訳、及び管理人による改変を含んでいます
あくまでもわかりやすくするための措置です。
誤訳・意味の取り違えもあり得ますので目安としてお使いください。
また、灰色の文字は解説です。readme.txtには記載されていない内容です。
灰色の解説を含め、このreadme.txtを熟読してから行ってください。
使用には細心の注意を払い、また必ず自己責任で行ってください。
ほかのサイト様も参考にすることを激しくお勧めします

解説のために、PSP Nikki Forumの当該スレッドを参照しました。

続きを読む
このページの先頭へ
  • 02

翻訳文にはかなりの意訳、及び管理人による改変を含んでいます
あくまでもわかりやすくするための措置です。
誤訳・意味の取り違えもあり得ますので目安としてお使いください。
また、灰色の文字は解説です。readme.txtには記載されていない内容です。
灰色の解説を含め、このreadme.txtを熟読してから行ってください。
MSDの抜き差しなど、少々複雑な手順もあります。
使用には細心の注意を払い、また必ず自己責任で行ってください。
ほかのサイト様も参考にすることを激しくお勧めします

解説のために、PSP Nikki Forumの当該スレッドを参照しました。

続きを読む
このページの先頭へ
  • 24

PSP復旧/DG専用バッテリー作成ツール「Pandora's Battery」が
Prometheus project(TeamC+D)よりリリースされました。
前々から存在は知られていましたが、まさか本当に出るとは……正直驚きです。
N00bz!
(最下部Mirrorのいずれかから)

作成・使用方法
PANDORA'S BATTERY readme.txt 翻訳・解説 ~パンドラバッテリー作成まで
PANDORA'S BATTERY readme.txt 翻訳・解説 ~パンドラバッテリー使用方法から
※文字数の都合上、二つに分けました。

このページの先頭へ

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。