NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   あとで読む はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 07

前回は自作アプリの起動方法を解説しました。
今回は、UMDゲームのメモリースティック起動について解説します。
なお、今回ISOの吸出しにはPSP filerを使用します。


メモリースティック起動、ISO起動って何?

メモリースティック起動とは、市販のUMDゲームの中身をPCにコピー(「吸い出す」といいます)し、メモリースティックから起動することで、UMDを挿入せずにPSPでゲームをする、という機能です。
※この機能はカスタムファームウェアにのみ搭載されています。

吸い出したファイルの形式がISOという形式のため、「ISO起動」とも呼ばれます。
以下、表記を「ISO起動」に統一させていただきます。

ISO起動の利点は?

メモリースティックから起動すると、次のような利点があります。

■読み込み時間の短縮

UMDから起動したときと比べ、読み込み時間が圧倒的に早くなります。
たとえば「モンスターハンターポータブル2nd」では、BGロードと組み合わせることで、クエスト中のエリア間の移動を一瞬ですることができます。
効果はソフトによってまちまちですが、確実にUMDから読み込むより早く読み込めます。

■UMDがいらない

メモリースティックから読み込みますので、一度UMDから吸い出してしまえばもうUMDを挿入する必要がありません*
容量があれば複数のソフトをメモリースティックに入れることができるのでかさばりませんし、またUMDの読み込み音がしないので集中してプレイすることができます。
*設定によってはダミーのUMDを挿入する必要があります。
 ただし、その場合でもUMDの挿入状況のチェックを行った後はメモリースティックから読み込むため同様の効果が得られます。


■非対応ファームウェアでの起動

吸い出したISOの中のファイルを書き換えることで、UMDで指定されたバージョンよりも低いバージョンでもソフトを起動をすることができます。
※接続する必要のある周辺機器(カメラなど)が対応していないファームウェアでの場合は起動できません。
※ソフトによって、低いバージョンではうまく動作しない可能性があります。


UMDからISOを吸い出そう

それでは、ここからはISOの吸出し方法を解説します。
今回は吸出しにmediumgauge氏開発のアプリ、PSP filerを使用します。

1.PSP filerを起動します。
新・カスタムファームウェア講座 第4回 1
3.xx kernel用でも吸出しは可能です。
PSPfilerの起動方法については第3回をご覧ください。

2.UMDと十分な空き容量のあるメモリースティックを挿入します。
最大で1.3GB程度です。2GBのメモリースティックがあれば十分でしょう。
ソフトによっては300MB程度に収まる場合もあります。

3.△ボタンでメニューを表示し、Rボタンで「UMD読み出し」を選択します。
以下のようなファイル名入力画面が出てきます。
新・カスタムファームウェア講座 第4回 2

4.半角英数字でファイル名を入力し、「確定」で吸出しを開始します。
終了まで時間がかかるため、ACアダプターの接続をおすすめします。
なお、全角文字・半角カタカナを使用した場合は起動できなくなるのでご注意ください。

以上で吸出しは終了です。
メモリースティックの容量が足りなくなった場合は差し替える必要があります。
差し替えにより分割して吸い出した場合は、それらをPCにコピー、一箇所に集めたあと、最後のファイルと同時に生成されたbatファイルを起動させてください。

コラム:PSPfilerのISOファイル補完機能PSP filerにはISOリッピングの補完機能が搭載されています。
XMBなどからUMDの吸出しを行う際、なぜだか末尾数KBの書き出しができません。
通常は問題ないのですが、まれに一部のソフトで起動後に問題が発生することがあります。
PSPfilerで吸出しを行うと、その欠落部分を自動で補完してくれるため、問題がはっせいしなくなります。
ですので、あえてPSPfilerを用いた吸出しを解説しました。
なお、過去に問題が発生したのは「無双OROCHI」くらいしか聞いたことがありません。

コラム:XMBからUMDを吸い出すPSPfilerを使用せず、PCからUMDを吸い出す方法です。
上記の通り、まれに一部のソフトで起動後に不具合が生じる可能性があります。

1. リカバリーモード/VSH menuでXMB Usb DeviceをUMDに設定する
2. [設定] > [USB接続]でUSB接続し、表示されたISOファイルをPCにコピーする

以上で終了です。通常はこの方法で吸い出してもかまいません。


メモリースティックから起動してみよう

それでは起動してみましょう。

1.吸い出したISOファイルをms0:/ISO/にコピーします。 (PCで行いましょう)
2.リカバリーメニューのUMD Modeを「M33 driver -NO UMD-」にしていない場合は、何でもいいのでゲームのUMDをPSPに挿入します。
「M33 driver -NO UMD-」にしていて起動ができない場合もダミーのUMDを挿入してください。
3.PSPで、ゲーム-メモリースティック からゲームを起動してください。

コラム:UMD-Videoの起動についてUMD-Videoの動作方法はUMD-Gameと若干異なります。

1.上記の方法でISOを吸い出します。
2.吸い出したISOファイルをms0:/ISO/VIDEO/にコピーします。
3.VSHmenuの「ISO VIDEO MOUNT」項目で起動させたいソフトを選択します。
4.XMBにアイコンが現れるので起動してください。

確かこれでよかったはず……私UMD-Video持ってないので;


ISOを圧縮してみよう


CSOという形式にISOを圧縮すると、メモリースティックの容量を節約することができます。
ソフトによりますが、ほとんど圧縮できないものから中には半分程度にまで圧縮できるものもあります。
ただし読み込みが若干遅くなる可能性もあります(あまり気になりません)

CSOへの圧縮は「CisoPlus」というソフトを使用します。
CisoPlusは公式サイトからダウンロードできます(なぜかアクセスできないためgoogleのキャッシュにリンクしています)

このソフトはコマンドプロンプトから起動します。
スタート>ファイル名を指定して実行 にcmdと入力、コマンドプロンプトを立ち上げてください。

一応書式はこちら

cisoplus ACTION [OPTIONS] inputfile outputfile

ACTIONには圧縮、展開、容量予測の3種類が……といってもわかりにくいので、簡単に説明します。

コマンドプロンプトが立ち上がったら、
1.ダウンロードした中のCisoPlus!.exeをプロンプトにD&Dします。
2.半角スペースを空けて、-comと打ち込んでください。これでCSOへ圧縮できます。
3.半角スペースを入れて、圧縮したいISOファイルをプロンプトにD&D。半角開けてもう一度D&D。
4.あとの方のファイル名("~~.iso"部分)のisoをcsoにかえる。

"C:\PSPSofts\cisoplus_1_0_11\windows\CisoPlus.exe" -com "D:\ISO\MHP2nd.iso" "D:\ISO\MHP2nd.cso"

エンターキーで圧縮を開始します。

CSOもISOと同様にms0:/ISO/に入れて起動できます。
なお、UMD-VideoをCSO圧縮してもPSPで起動できませんのでご注意を。


PARAM.SFO書き換えによる低バージョンでの起動は、バイナリエディタが出てくるのでまた今度。
ということで今回はここまでです。
第5回ではリカバリーメニューとvsh menuについて、細かく見ていきます。


スポンサーサイト

このページの先頭へ

コメント

コメントの投稿コメントの投稿 ※承認後表示されます。

管理者のみ表示  [質問する前に]

トラックバックトラックバック

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。