NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   あとで読む はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 24

PSP-maps v1.0 XMB
google MapsYahoo!地図Visual Earth (Live Search Maps)をPSPで利用するためのアプリです。
無線LAN経由で地図を表示しますが、キャッシュ機能を使えば2回目からは無線LANなしでも起動できるようになります。

PSP-Maps v1.0
QJ.net

v1.0での更新内容

  • GP2X版を追加
  • Google Moon、Google Mars、Google Skyモードを追加 *
  • Google Terrainモードを修正
  • スプラッシュ画面を一新、サウンドを追加

* 「チートコード」の入力が必要です。詳しくは後述

使用方法は続きからご覧ください。
関連記事 : PSP-Maps v1.0 表示モード一覧

インストール
PSP-Mapsフォルダをms0:/PSP/GAME/にコピー、PSPで起動してください。

無線LAN接続
起動後に接続選択画面が表示されます。
接続するものを選んで×ボタンで決定してください。
その後、世界地図が表示されます。
PSP-Maps v0.6 WorldMAP


隠しモード
Google Moon、Google Mars、Google Skyモードを使用するには、以下の操作が必要です。
PSP-maps v1.0 Splash

スプラッシュ画面で音楽が再生されている間に、↓ R ↑ L □ × を入力してください。
ちょっと難しいですが、何回かやれば出来ると思います。
成功すると「ヨゥ」という効果音が流れ、世界地図ではなく月が表示されます。

なお、隠しモードを起動すると、□と×での切り替えでは通常の地図が表示されません。
(設定でDefault viewを選択すれば表示できますが、□ボタンで表示を切り替えようとすると隠しモードに戻ります)
Google Mapsなどを利用する場合は、隠しモードで起動しないことをおすすめします。

操作方法 (v1.0)
十字キー・アナログパッド:移動(アナログパッドはスムーズに移動します)

Rトリガー:ズームイン(拡大)
Lトリガー:ズームアウト(縮小)

×ボタン・□ボタン:表示モードの切り替え →表示モード一覧(別ウィンドウ)

△ボタン:住所検索(英語のみなのであまり需要なし?)
○ボタン:ズームヘルプ(ターゲット画像)、位置情報の表示/非表示切り替え
STARTボタン:メニューの表示

メニュー画面
STARTでメニューを表示します。
PSP-maps v1.0 Menu

Current view:地図の表示モードを選択 →表示モード一覧(別ウィンドウ)
Enter Address...:住所検索

Load favorite:指定した番号のお気に入りを呼び出し
Save favorite:お気に入りの指定した番号に現在の画面を登録
 favoriteは9つまで指定可能です。

Default view:最初の世界地図画面に戻る
Show informations:緯度経度、現在の表示モードなどの表示を切り替え
Transition effects:ズーム・表示切り替え時にアニメーション(フェード)をするか設定

Keyboard type:住所検索などのキーボードを切り替え

Cache neighborhood radius:地図を表示したとき、その周辺部をどのくらいキャッシュするか設定
Cache size:キャッシュの最大サイズの設定

Exit menu:メニューを抜け、地図へ戻る
Quit PSP-Maps:PSP-Mapsを終了

表示モードについて
別エントリに移動しました。
PSP-Maps v1.0 表示モード一覧(別ウィンドウ)


補足:隠しモード起動コード部分のソース

pspmaps.c 1374行目~

int joy_seq[] = { PSP_BUTTON_DOWN, PSP_BUTTON_R, PSP_BUTTON_UP, PSP_BUTTON_L, PSP_BUTTON_Y, PSP_BUTTON_B, -1 };
 int key_seq[] = { SDLK_DOWN, SDLK_r, SDLK_UP, SDLK_l, SDLK_y, SDLK_b, -1 };

pspmaps.c 1470行目~

if (action == joy_seq[cur] || action == key_seq[cur])
{
 cur++;
 if (joy_seq[cur] == -1 || key_seq[cur] == -1)
 {
  Mix_PlayChannel(-1, yo, 0);
  cheat = 1;
 }
}
else cur = 0;
break;


joy_seq内のボタンをすべて押せばよかったんですね;
今わかってからソースを見ると、「なるほど」と納得できます。
なお、隠しコード情報はGame&Gadgets様の記事を参考にしました。
スポンサーサイト

このページの先頭へ

コメント

コメントの投稿コメントの投稿 ※承認後表示されます。

管理者のみ表示  [質問する前に]

トラックバックトラックバック

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。