NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   あとで読む はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 27

PSPGenよりカスタムファームウェアがリリースされました。
※これはDark_AleX氏・TeamM33からのリリースではありません。
 導入はくれぐれも自己責任でお願いします。

※ZIPファイルの中にSONYの著作物が含まれていたため、DLリンクは伏せさせていただきます。
 (検索すればすぐに見つかりますので、DL先に関する質問はお断りします。)


本家3.90 M33-3との変更点は続きから。

導入方法
0.PSPを充電し、念のためACアダプタも接続します。
1.PSPフォルダをms0:/にコピーします
2.システムソフトウェア バージョン3.93のアップデータを、393.PBPとリネームして、ms0:/にコピーします。
※システムソフトウェア バージョン3.93のアップデータには前期版と後期版があります。
 同梱の3.93アップデータが前期版ですので、後期版では出来ない可能性があります。

3.PSPで起動します。
4.アップデート終了後、必ず○ボタンで再起動してください。
 手動でシャットダウンするとPSPが壊れてしまうようです。

CFW 3.93の主な特徴

  • 3.93カーネルを使用
  • 本家3.90 M33-3の機能
  • XMB時、HOMEボタンで通常のリカバリーメニューの起動が可能
    • リカバリーメニューはシステムと別に起動するため、直接すべての設定をいじることが可能。
    • すべての設定はすぐに反映され、再起動は不要(新型PSPのUSB充電機能も含む)
    • リカバリーメニューからのPandota's batteryの作成、EEPROMの読み込みとリストアなどが可能。
      (Pandora's battery作成などは基盤が対応している場合のみ)
    • 本体情報でのMACアドレスの隠蔽機能を搭載。
      有効にすると00:00:00:00:00:00:00と表示されます。
  • ゲームのセーブを暗号化せずに行うことが可能
    (NO-UMD機能のうち、March33かNP9660使用時のみ)
  • 3.93のpopsが前のバージョンのものよりよくないため、popsloaderの3.93への対応を望みます。

導入される方は自己責任でお願いします。
(ZIPファイルにSONYの著作物を含んでいることもあり、私は導入を見送っています。)
スポンサーサイト

このページの先頭へ

コメント

コメントの投稿コメントの投稿 ※承認後表示されます。

管理者のみ表示  [質問する前に]

トラックバックトラックバック

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。