NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   あとで読む はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 08

PSPGenよりリリースのカスタムファームウェア、3.95 GENがアップデートしました。
今回のアップデートでは、リカバリーメニュー内の"vshmenu mode"をoffに設定したときにPSPがクラッシュする不具合ほか、いくつかの不具合が修正されています。

CFW 3.95 GEN-2
QJ.net

インストール方法・詳しい更新内容は続きから。
※導入はくれぐれも自己責任でお願いします。

関連エントリ
カスタムファームウェア v3.95 Gen リリース
CFW 3.95 GEN リカバリーメニュー解説

更新内容(GEN-1からの変更点・readmeより)
・vshmenu modeをoffにした際にPSPがクラッシュする不具合の修正
 (もしGEN-1でクラッシュした場合は、vsghmenu modeを変更してください)
・SNESエミュレータ起動時に発生していた不具合の修正
・その他新型PSPでの自作アプリに関する不具合の修正
※MediaEngine関連が修正されており、LightMP3 kaiなどのアプリが通常動作するようになっています。

インストール方法
○3.95 GEN-1 インストール済みの場合
PSPフォルダをms0:/にコピーし、PSPで実行するだけです。

○それ以外のカスタムファームウェアの場合
1. PSPフォルダをms0:/にコピーします。
2. SONY純正の公式アップデータ(バージョン3.95)をダウンロードし、395.PBPとリネームしてms0:/にコピーします。
3. PSPで起動します。
※×ボタンでインストールを実行するとSONYのアップデートプログラムが起動します。
※インストールの最後はかならず○ボタンで再起動してください。手動で再起動した場合PSPが破損します。

スポンサーサイト

このページの先頭へ

コメント

コメントの投稿コメントの投稿 ※承認後表示されます。

管理者のみ表示  [質問する前に]

トラックバックトラックバック

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。