NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   あとで読む はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 06

PSPgo 本体画像噂されていた新型PSPがE3でついにお披露目されましたね。
(一部では発表前に情報が漏れていたようですが…)
その名も、「PSP go」です。

今回の新型PSPは、ゲーム機では初となるダウンロードコンテンツ専門機種。従来のUMDドライブを廃止し、内部に16GBの記録領域を持ちます。(つまり、このPSP自体がメモリースティックのような役割を果たします)
16GBという容量は、ゲームにもよりますが、少なくとも8本程度はPSP用ゲームが入る容量です。(ただし、音楽や動画などほかのデータが入っていない場合)大容量になったことで、今後はUMDには入りきらないような、ボリュームのあるゲームがDL専用として発売されるかもしれませんね。

日本での発売予定は海外から1カ月遅れた)11月1日。価格は26,800円と割高になっています。

詳しい特徴と関連リンクは続きをご覧ください。

■形状・デザイン
商品イラストは上の画像の通り。
液晶は3.8インチと、従来の4.1インチより若干小さくなっています。
画面部分はスライド式で上にあがるようになっており、全体として3000より少し薄くなっています。

ボタン部分は画像を見てもらえればわかりますが、大幅に位置が変更されています。
モンハンで人差し指を十字キーに当てている私としては少しきつい配置です;

■ゲーム・ソフトウェア
ゲームはすべてインターネット経由で手に入れることができます。
PSPで直接、あるいはPS3経由でアクセスできるPLAYSTATION(R)Storeのほか、同梱されるPCソフト「Media Go」を用いてPC経由でソフトをダウンロードすることもできます。
ダウンロードしたゲームは基本的に本体のフラッシュメモリに保存することになりますが、Microメモリースティックにも対応しているので、そちらからも起動できるかもしれません。

また、PS3のようにゲーム中にXMBを表示するゲームスリープ機能や、本体を閉じたときに表示される時計やカレンダーなどの独自アプリケーションも搭載されています。

■ミュージック機能の強化
SCEより秋頃提供される「SensMe channels」(仮称)を使用すると、CDをMedia Goで取り込んだあと、自動的に曲が分類されるようになります。独自の12音解析技術により「リラックス」「ダンス」「アップビート」などのチャンネルに自動的に分類された音楽を、その時々の気分に合わせて選択することができるようになるようです。

■Bluetooth搭載
新型PSPにはBluetoothが搭載されます。
これにより、対応したヘッドホンなどが使用できるようになるほか、PSPの画面をテレビなどに映し出した時に、PS3のコントローラーで操作ができるようになります。
(PSPへの機器登録の段階でPS3が必要になります)
Bluetoothの入力に対応したことから、今後はもしかしたらPSP対応キーボードなんてのも発売されるかもしれませんね。


PSP(R)go PSP(R)の新ラインアップとして、日米欧アジアにて2009年秋発売(プレスリリース)

スポンサーサイト

このページの先頭へ

コメント

コメントの投稿コメントの投稿 ※承認後表示されます。

管理者のみ表示  [質問する前に]

トラックバックトラックバック

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。