NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   あとで読む はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 10

PSP-3000でも、ついにカスタムファームウェアと同様の操作ができるようになりました。
同じようなツールが2つありますので、まず1つ紹介したいと思います。

CFW 5.03GEN-A for HENは、PSP-3000でもISOの起動やリカバリーメニューの利用などができます。
インストールは、パソコンから必要なファイルを転送し、PSPでインストールアプリを実行することになります。

5.03 ChickHEN Enabler R2  CFW 5.03GEN-A for HEN
※インストールや起動には、上記2つのアプリが両方必要になります。

インストール方法や注意などは続きをご覧ください。

以下、readmeより引用・翻訳、一部追記しています。
誤訳等も考えられますので、必ず自分でreadmeを読むようにしてください。
また、実行は必ず自己責任で行うようにしてください。こちらは一切の責任を負いません。
特にこのツールはPSP内部を書き換える処理を行いますので、十分に注意してください。


インストール方法

01.ChickHEN R2を用いてHENモードに入ります。
02.PSPとPCをUSB接続します。
03.ダウンロードしたファイルを解凍し、LAUNCH-ME.exeを起動します。
5.03GEN-A LAUNCH-ME.exe04.[PSP Model]で、インストールするPSPの型番が2000か3000か選択します。
05.[Mode]では[Full]を選択してください。
06.[PSP Install]では[YES]を選択してください。
07.PSP Unit Driveに、ドライブレター(マイコンピューターから確認できる、PSPに割り当てられたアルファベット)を入力します。
08.[Start]ボタンをクリックすると、必要なファイルがPSPに転送されます。
09.USB接続を解除します。
10.ChickHEN R2(R1は不可)を起動した状態で、EBOOT.PBPをPSPで起動します。
11.アプリを起動したら、LトリガーかRトリガーを押して、flashにカスタムファームウェアをインストールします。必ず1回だけ押してください。
12.インストールが終了したら、○ボタンを押して再起動します。

注意

・インストール後、メモリースティックの「files」フォルダは削除することができます。
・「MAIN APP」フォルダのflasher.prxを、削除するかリネームすることをお勧めします。

・PSPの電源を切るか、PSPが壊れた場合、もう一度ChickHEN R2を使用する必要があります。
CFWからシャットダウンし、本体の電源を切らない場合はそのままCFWが起動します。

このCFWは、flashにインストールされている、
 公式のシステムソフトウェアのファイルは一切書き換えません
 公式のファイルを消去したり書き換えたりした場合はPSPが故障しますので注意してください。


バグ

リカバリーメニューにおいて、Configration以降のメニューが選択時1つずつずれます。
(例えば、Advancedを選択するとCPU Speedになる、など)
これはリカバリーメニュー自体のバグなのでどうしようもありません。
スポンサーサイト

このページの先頭へ

コメント

コメントの投稿コメントの投稿 ※承認後表示されます。

管理者のみ表示  [質問する前に]

トラックバックトラックバック

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。