NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   あとで読む はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 11

PSP-3000でカスタムファームウェアと同様の機能を再現するアプリ、2つ目です。
紹介するのはCFW Enabler v3.10。これは、PSP-3000でM33シリーズの機能を再現したもので、ISOの起動やリカバリーメニューはもちろん、LEDAの導入なんかもできるようです。
こちらも、インストーラの起動にはChickHENが必要となります。
なお、v3.10ではインターネットアップデート機能が追加されたほか、安定性の向上や内部バグの修正などが行われています。

Custom Firmware Enabler v3.10  5.03 ChickHEN Enabler R2
※CFW Enablerのインストールには上記2つとも必要になります。

詳しい手順は続きをご覧ください。

インストール方法

1.解凍したCFWEnablerフォルダをms0:/PSP/GAME/フォルダにコピーします。
2.PSPでChickHENを使用し、HENモードに移行します。
3.CFWLoader 3.01を起動します。以降、画面の指示に従ってください。

POPSを起動させるには

公式のPOPSを使用するには、本体flashの一部を書き換える必要があります。

0.用意するもの
 OFW バージョン5.00のアップデータ、PSARDumper(DL)、homebrewが起動できるPSP
1.PSARDumperを使用して、5.00のアップデータを展開する
2.F0のpops.prxとpopsman.prxを見つけ出し、CFWEnablerフォルダにコピーする
3.PSPでCFWLoaderを起動し、Flash Modules Popsメニューを選択。画面の指示に従う。
スポンサーサイト

このページの先頭へ

コメント

コメントの投稿コメントの投稿 ※承認後表示されます。

管理者のみ表示  [質問する前に]

トラックバックトラックバック

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。