NOTICE:情報が古いことが多々あります。ご了承ください。

  • --

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告   あとで読む はてなブックマーク - スポンサーサイト  このブログのRSSを購読する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ
  • 17

翻訳文にはかなりの意訳、及び管理人による改変・表記変更を含んでいます。
あくまでもわかりやすくするための措置です。
誤訳・意味の取り違えもあり得ます。目安としてお使いください。

↓翻訳文へ飛ぶ

Dark_AleX氏の意思を尊重するため、以下にreadme.txtの原文を載せておきます。

原文

TimeMachine 0.1
---------------

The Timemachine is a program to load previous firmwares and custom firmwares from memory stick
using pandora. Like devhook, but working throgh pandora and custom ipl's, it would work even if the
flash and nand ipl of the machine is destroyed.
The timemachine is useful to run software that is not supported anymore, and also as a way of
booting psp's even if the internal firmware is destroyed. It can also be useful for developers
to test their homebrew in different firmwares.

Currently the timemachine can install the following firmwares:

- Original 1.50 (can only be loaded on the phat)
- 1.50 with some 3.40 hw modules. Can be loaded on both, phat and slim.
- 3.40 OE (can only be loaded on phat)
- 3.60 M33 (can only be loaded on slim)

Rest of cfw will be added in the future.

Requeriments of time machine:

- The timemachine itself doesn't require any firmware, only a pandora battery.
Timemachine nand boot in slim, requires, however, 3.90 M33-2 or greater.
- The timemachine installer requires 2.71 SE or higher.

Instructions: Copy the TIMEMACHINE folder to /PSP/GAME and run.

All firmwares can be installed on whatever PSP (slim or phat), but they can only be used
in the psp indicated in the option.

Explanations of options:

- Option 1: Install iplloader. This will install the timemachine iplloader in the memory stick.
The iplloader is so small, that doesn't require any mspformat to have been done before.

This step is necessary to run anything else.
The iplloader of the timemachine is a multiipl loader that can load multiple ipl's accorrding
to key configurations found in the file /TM/config.txt (this file will be created by the timemachine installer).

The default configuration is to load the ipl's with the following keys:

- 1.50: cross
- 1.50+3.40hw: circle.
- 3.40 OE: triangle.
- 3.60 M33: square
- Pandora/DC1-4 ipl (converted to TM format): digital up
- Anything else: will boot the firmware installed on flash.
(Note: as said before, in the slim,
only nand firmwares with 3.90 M33-2 or higher can boot. Neither prvious CFW nor whatever original
firmware can boot from nand when booted from a Pandora battery due to a Sony protection that has to be bypassed by the own nand ipl code).

You can modify this configuration following the instructions of the file config_readme.txt that
will be written on the /TM folder after installing the iplloadder.

- Option 2: Convert pandora IPL into TimeMachine format.

Because the ipl used in pandora and DC1-DC4 (they are all same) is not compatible with the
timemachine ipl format and user may want to load pandora/DC1-DC4 with the TM iplloader, this option
is for that.

Requeriments: the ipl of pandora/DC1-DC4 in the root of the memory stick, named "msipl.bin".
This file is written by Pandora and DC1-DC4 installers.

After convertion, the converted ipl will be in /TM/pandora.bin.

- Option 3: Install 1.50.
It will install 1.50 which can only be run on the psp phat (for a 1.50 that can be installed on
the slim go to the next section).

Requriments: the eboot.pbp of 1.50 in the root as 150.PBP

- Option 4: Install 1.50 with 3.40 HW modules. (PSP PHAT or SLIM).
This will install a mix of 1.50 software modules with some 3.40 hardware modules, so
it can work on the psp slim. It will usually run most 1.5 homebrew.

Requriments: 1.50 and 3.40 Sony eboot.pbp in the root renamed as 150.PBP and 340.PBP,
and the 360.PSAR on the root too (to know what the 360.PSAR is, read below, in the 3.60 M33 installation section).

From 1.50 it will be extracted most modules, usually the software related ones.
From 3.40, it will be extracted a few modules, usually hardware modules.
From 3.60, it will only be extracted the wlan bios of the slim chip.


Known problems or considerations of the 1.50+3.40hw:

- The media doesn't work fine in the XMB (music, videos, etc).
Yeah, this is known, anyways the main purpose of this firmware is to run homebrew,
as for XMB usage is better to use a more modern one.

- The "videocodec bug", aka crappy pmf play, only happening in the slim.
For some hw incompatibilty that coudln't been resolved yet, pmf videos, including
the gameboot, will play crappily in the slim.

This will happen also in 1.5 games you try to run, videos will play crappily.

Because PMPAVC videos also use the videocodec API, they will play crappily too.
Normal pmp (xvid) (used on pimpstreamer too) will play fine however as they are decoded by cpu.

- The exit with home with "odd colors" bug.
When exiting with home from a homebrew or game, you may see random colors at the end of the framebuffer.
Nothing important, it even gives it an accidental stylistic look :)

- The PC os may detect the PSP slim as a new device.
This is normal, psp slim has a different product id (pid), but 1.5 usb driver uses only the old phat
pid. Nothing important, the usb will work fine in the slim.

- Wlan. The wlan seems to be working, it has been tested using the network update download, and
pimpstreamer 201 for 1.50.

However two things are recommended:
* Turn off the wlan power save.
* Use manual IP and DNS configuration (otherwise you may have DNS problems).
If you don't know the manual configuration for your router, just do an automatic connection
in a higher firmware, and write somewhere the data that appear in the test page at the end,
and use that info to fill the manual configuration in 1.50+3.40 hw.
* As in normal 1.50, there is no WPA support.

- Homebrew that uses some patching code over some of the module that are from 3.40,
will not work and will probably crash. This is obvious, they were coded to patch 1.50 modules :)


- Option 5: Install 3.40 OE.

It will install original 3.40 OE which can only be booted on the phat.
Requeriments: 1.50 and 3.40 Sony eboot.pbp on the root as 150.PBP and 340.PBP

- Option 6: Install 3.60 M33.

It will install original 3.60 M33, that can only be run on slim.
Requeriments: 360.PSAR on the root.

Because there is no 3.60 eboot on the net as the slim was shipped directly with 3.60,
the 360.PSAR is a file that has to be created on a psp running 3.60 M33.

To dump 3.60: run the program 360DUMPER that is in this release in a psp running 3.60 M33.

The result 360.PSAR is a file that uses the decrypted psar format
(what a sce psar would look without encryption), that was already used in 3.51/3.52 M33, and
it will have following size and md5 (checked anyways by the tm installer):

Size: 18189502 bytes.
MD5: EAA13343C70D9B0337C75B295474C69A

---------------

Differences between running a firmware in the TimeMachine and a firmware in the flash.

Usually the time machine will run the firmware or cfw unmodified,
including its original not critical bugs.

There are some exceptions:

- In 3.40 OE a critical bug regarding the configuration file descriptor not closed is fixed
by the timemachine core patching the OE core in ram :)
- The TA-086 brightness is fixed for everything that has a 1.50 kernel
- The 4th level of brightness (i cannot live without it) is enabled for whatever thing,
either if it is done nativelly (3.40 OE, 3.60 M33) or by the timemachine code (1.50, 1.50+3.40hw).
- The signcheck is patched and the firmware is written unsignchecked, so it can be shared between
different psp's.
- 8 GB and greater memory sticks are enabled everywhere.
- 1.50 an 1.50+3.40hw can run not kxploited pbp's too.
- Flash USB doesn't work. This is normal, the flash usb uses the lflash block device,
and in the timemachine that device is unnecesary and its implementation is a dummy one. Just use the normal memory stick usb,
as the firmware is there :)

Other considerations:

- Usually the firmware running the timemachine should have more free kernel memory than
the normal one, because the lfatfs module is replaced by the timemachine core which should be using less memory.
- IF you see somewhere (probably in the browser) an error 0x80010018, this is because of too
many files opened in the memory stick (as normal memory stick driver is shared with the pseudo flash one).
The timemachine core tries, however, to minimize at maximum that this error happens.

- The Time Machine works faster if you install all firmwares you are gonna use
after having formatted the memory stick, and then put everything else.


- When booting with a pandora battery in the nand firmware, remember that unless you change the battery,
you will need the same memory stick to recover from sleep mode!

- Be sure to distinguish between TM bugs and OE/M33 bugs. For example, in 3.60 M33, if your iso
running in March33 no-umd mode hangs at exit, that was a bug of 3.60 M33, not of the timemachine!


Little FAQ:

- What is loaded from nand and what from memory stick?
Only idstorage is read from nand, everything else, ipl and flash files are loaded from memory stick.
Not even a single instruction of Sony regarding the reading of flash files and partitions is executed.

In the future, the load of idstorage from memory stick is planned as an option.

- Why don't you make a 1.50 addon for 3.90 M33 for the slim if it can run now on the slim?
Currently, it is only possible to run this 1.50+3.40hw in a TOTALLY fresh booted machine by the user.
Not even a psp cold-reseted by software can run 1.50+3.40hw after having been in 3.xx, due to some problems
related with slim hardware.
There are other implementation problems, but that one is the more critical.





翻訳文
※翻訳中、以下の略語を使用しています
DC:Despertar del Cementerio (PSP修復ツールの名称です)

タイムマシーン 0.1

TimeMachineは以前のシステムソフトウェアやカスタムファームウェアを、Pandora's Batteryを用いてメモリースティックから読み込むプログラムです。
Devhookのようですが、これはPandoraと改造したiplを通して動きますので、本体のflashやnand iplが破損していても動作するでしょう。
TimeMachineはすでにサポートされなくなったアプリを起動するのに役立ち、また内部のファームウェアが破損していても動作するPSPの起動方法のひとつでもあります。
これはまた、開発者のみなさんにも開発した自作アプリを異なるファームウェアでテストするのに役立つかもしれません。

現在このTimeMachineは以下のファームウェアをインストールすることができます。

- システムソフトウェア 1.50の起動 (旧型のみ読み込めます)
- 3.40のハードウェアモジュールを混ぜたシステムソフトウェア 1.50の起動。旧型でも新型でも読み込めます。
- カスタムファームウェア 3.40OE-A (旧型のみ読み込めます)
- カスタムファームウェア 3.60 M33 (新型のみ読み込めます)

残りのカスタムファームウェアは将来のアップデートで追加します。

TimeMachine起動の必要条件

- TimeMachineそのものはPandoraを使用して起動しますのでどのファームウェアでもかまいません。
 ただし、新型PSPでTimeMachineから本体のファームウェアを起動するには3.90 M33-2以上である必要があります。
- TimeMachine インストーラの起動には2.71 SE以上のカスタムファームウェアが必要です。

使用方法: TIMEMACHINEフォルダをms0:/PSP/GAME/にコピーし、実行してください。

新型でも旧型でもすべてのファームウェアをインストールできますが、起動は対応したPSPからのみとなります。

項目の説明

- 1:Install ipllodaer
ここでTimeMachineのiplloaderをメモリースティックにインストールします。
このiplloaderはとても小さいので、あらかじめメモリースティックをフォーマットする必要はありません。

この手順はどのファームウェアを起動する際にも必要になります。
TimeMachineのiplloaderは複数のiplをms0:/TM/config.txtに記載されたキー設定によって起動します。
(config.txtはTimeMachineのインストーラが生成します。)

最初の設定ではそれぞれのiplを次のキーで読み込みます。

- 1.50:×ボタン
- 1.50+3.40hm:○ボタン
 (hm:ハードウェアモジュール)
- 3.40 OE:△ボタン
- 3.60 M33:□ボタン
- Pandora/DC1~4のipl:方向キー上
 (TimeMachine用に変換されたもの)
- 何も押さない:本体のファームウェアを起動します
(注意:前述の通り、新型PSPでは、
本体ファームウェアの起動は3.90 M33-2以上でのみ行えます。)

この設定は、config_readme.txtに沿って変更することができます。
config_readme.txtはipllodaerインストール後にms0:/TM/に生成されます。

- 2:Pandora IPLをTimeMachine形式に変換

PandoraやDC1~DC4で使用されているIPLがTimeMachineと完全な互換性をもっていないため、
TimeMachine ipllodaerを介してPandoraやDC1~DC4を起動する際はこの項目を実行します。

必要なもの:
Pandora/DC1~DC4のIPLをms0:/msipl.binとして配置してください。
このIPLはPandora/DC1~DC4のインストーラによって生成されます。

変換が終了すると、変換されたIPLはms0:/TM/pandora.binにあります。

- 3:システムソフトウェア バージョン1.50のインストール
旧型PSPでのみ起動できる、システムソフトウェアの1.50をインストールします。
(新型で起動できる1.50は次の項目を参照してください)

必要なもの:
1.50のアップデータをms0:/150.PBPとして配置してください。

- 4:3.40のハードウェアモジュールを混ぜたシステムソフトウェア バージョン1.50のインストール

ここでは1.50のソフトウェアユニットと3.40のハードウェアユニットを混ぜたファームウェアをインストールします。
ですから、新型PSPでも起動できます。ほとんどの1.50用自作アプリが起動するでしょう。

必要なもの:
1.50と3.40のアップデータをms0:/に150.PBP、340.PBPとして配置。
さらに、360.PSARをms0:/に配置する必要があります。
(360.PSARについては後述、3.60 M33のインストールで説明しています。)

1.50からはほとんどのモジュールを、主にソフトウェアに関連するものを抽出します。
3.40からは一部のモジュールを、主にハードウェアに関連するものを抽出します。
3.60からは新型PSPで使用する無線LANのBIOSのみを抽出します。
[訳注]無線LANのBIOS:無線LAN機能をつかさどるプログラム群のこと。

1.50+3.40に関する既知の不具合と仕様
- 音楽、動画といったメディアがXMBで再生できません。
 もちろん、このファームウェアの目的は自作アプリを動かすことであり、XMBの使い勝手は最新のものの方が向上しています。

- "videocodec bug"、別名crappy PMF play(粗末なPMF再生)。新型PSPでのみ発生します。
まだ解決していないハードウェアの互換性の問題で、新型PSPではゲーム起動画面を含むPMFの動画がうまく再生されません。

これは、起動した1.50用アプリでも発生します。

PMPAVCの動画もこのvideocodec APIを使用しているため、うまく再生されません。
通常のPMP(xvid形式)(pimpstreamerなどで使われているものも含む)はCPUによって再生するため、きれいに再生されます。

- HOMEボタンで終了すると"odd color"バグが発生します。
自作アプリやゲームを終了する際、フレームバッファの最後にランダムに色が表示されます。
深刻な不具合ではありませんが、異常が発生したように感じてしまうでしょう。

- USB接続した際に、PCが新型PSPを「新しいデバイス」として認識します。
これは異常なことではありません。新型PSPは旧型とは異なったプロダクトIDを持っていますが、USB接続に使用する1.50のUSBドライバは旧型のプロダクトIDですから、
新しいデバイスとして認識されてしまうのです。
深刻な不具合ではなく、新型でも通常通りのUSB接続が可能です。

- 無線LANについて
問題なく動作しているようです。
ネットワークアップデートでのダウンロード、およびpimpstreamer201(1.50用)でテストしています。

ただし、次のようにしてください。
* 設定>省電力設定>ワイヤレスLAN省電力モードを切ってください。
* 手動で設定したIPとDNSを使用してください(そのほかの設定だとDNSの問題が発生します)
ルーターの設定がわからない場合は、新しいFWで自動接続を行い、接続テストで最後に表示される項目を書き取ってください。
そして、その情報を1.50+3.40での手動設定に使ってください。
* システムソフトウェア バージョン1.50の仕様で、WPAには対応していません。

- 3.40から抽出したモジュールにパッチをあてようとするいくつかの自作アプリは動作せず、クラッシュします。
 自作アプリ側は1.50のモジュールにパッチをあてようとしているわけですから、当然ともいえます。


- 5:カスタムファームウェア 3.40 OEのインストール
旧型でのみ起動できる、3.40 OE-Aをインストールします。

必要なもの:
1.50のアップデータをms0:/150.PBPとして配置してください。

- 6:カスタムファームウェア 3.60 M33のインストール
新型PSPでのみ起動できる、3.60 M33をインストールします。

必要なもの:
360.PSARをms0:/に配置してください。

システムソフトウェア バージョン3.60は新型PSPに直接インストールされていたため、インターネット上にアップデータが存在しません。
ですから、360.PSARは3.60 M33がインストールされたPSPから展開・生成する必要があります。

3.60の展開方法:3.60 M33がインストールされたPSPで、TimeMachineと一緒にリリースされた360DUMPERを起動してください。

360.PSARは展開されたPSAR形式で生成されます(SCEのPSARは展開されていません)
これはすでに3.51/3.52 M33で使用されており、サイズとハッシュ値は以下の通りです(TimeMachine インストーラによって自動的にチェックされます)

サイズ:18189502バイト
MD5:EAA13343C70D9B0337C75B295474C69A



TimeMachineで起動したファームウェアと本体で起動したファームウェアの違いについて

通常TimeMachineは当時のままシステムソフトウェアやカスタムファームウェアを起動します。
ファームウェアがもつ各種不具合もそのままになっています。

ただし、以下の例外があります:
- 3.40 OEでの、設定ファイルのdescriptorが閉じないバグに関してはRAMにあるOEコアへのTimeMachineコアパッチによって修正されます。
- TA-086での輝度問題はすべての1.50カーネルをもつファームウェアで修正されています。
- 4段階目の明るさ(私これがないと生きていけないんですよね)はどの状況でも(本来搭載されていない3.40 OE/3.60 M33や、TimeMachineによるコードによる1.50/1.50+3.40でも)有効です。
- サインチェックはパッチをあてられており、ファームウェアはサインチェックされずに書き込まれるため、異なったPSP間でも共有することができます。
- どのファームウェアでも8GB以上のメモリースティックが使用できます。
- 1.50と1.50+3.40でkxploited状態の自作アプリ(1.00用の単独フォルダで動作させるアプリ)も起動できます。
- flashへのUSB接続は使用できません。これは仕様であり、USBでのflash接続はデバイスによりブロックされます。
 また、TimeMachineではこのデバイスは必要ないため、ダミーが使用されています。ファームウェアから通常のメモリースティックへのUSB接続のみ使用できます。

その他

- TimeMachineで起動したファームウェアは通常の起動より多くのフリーなカーネルを持ちます。
 lfatfsモジュールがTimeMachineのコアがメモリー節約のため配置しなおされます。
- もしどこかで(特にブラウザで)0x80010018エラーが発生した場合、これはメモリースティックから多くのファイルを読み込みすぎています。
 (メモリースティックドライバを通常読み込みと仮想flashの読み込みとで共有しているため)
 TimeMachineコアはこのエラーが起きないよう、メモリ使用を最小限にとどめようと最大限努力します。

- 一度メモリースティックをフォーマットしてからファームウェアをインストールするとより軽快に動作します。


- Pandora's Batteryで本体ファームウェアを起動してる際、バッテリーを変えないでください。
 スリープモードからの復帰には同じメモリースティックが必要になります。

- TimeMachineの不具合とOE/M33の不具合を区別してください。
 たとえば、3.60 M33ではゲームのISO起動をMarch33 NO-UMDモードで行うと、終了時にフリーズします。
 これは3.60 M33のバグであり、TimeMachineのバグではありません!


簡単なFAQ
- 何を本体から、何をメモリースティックからそれぞれ読み込んでしていますか?
idstorageのみを本体から読み込み、IPLとflashはすべてメモリースティックから読み込んでいます。
flashの読み込みと分割に関しては、SONYの方法を一切実行していません。

将来的には、idstorageもメモリースティックから読み込むオプションをつけることも計画しています。

- なぜ新型PSPでも1.50の起動ができるのに3.90 M33用の1.50 Kernel Addonを開発しないのですか?
今のところ、ユーザーによるまったく新しい起動方法は1.50+3.40ハードウェアモジュールのみ可能です。
新型PSPのハードウェアに関する問題により、3.xxになってからアプリによるコールドリセットでさえ1.50+3.40を起動できません。
他にも問題がありますが、これが一番深刻なものです。
スポンサーサイト

このページの先頭へ

コメント

コメントの投稿コメントの投稿 ※承認後表示されます。

管理者のみ表示  [質問する前に]

トラックバックトラックバック

アクセスカウンタ

お知らせ / ひとりごと

アクセス解析/ブログスカウター

jubeat knit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。